おすすめジギングロッド-ダイワ シーゲート

ダイワのシーゲート・SEAGATE

初心者さんにとってはちょうど良い価格なのかな?と個人的には思います。年に数回しかジギングに行かないのであればこの程度のロッドで十分だと思います。釣り好きなエキスパートの方にはメインロッドとしてはあまりおすすめしません

製品紹介

シーゲート SEAGATE/65S-2/3

 中型のジグ(60~100g)やインチクを扱うのに最適な1本です。80mくらいまでの水深のポイント、特に底付近を探るのに良いロッドだと思います。ターゲットとなるメイン魚種はハマチ(イナダ)、サバ、カツオなどの小型の青物で、ヒラメやハタ、ソイ、アイナメといった底物でも面白い釣りができると思います。ハイピッチショートジャークやジャカジャカ巻きをしてもジグがあまり跳ねないように粘りある設計です。底付近でのジギングで、根から魚を引き剥がしたり、急な走りにも対応できるパワーが十分あります。重めのジグで底を取りながらシャクり、ヒットしたら一気に巻き上げる、そんな釣りができそうです。

シーゲート SEAGATE/59S-4/5

 中~大型のジグ(85~150g)のジグを扱うのに最適なロッドです。120mの深場のポイントや浅くても潮が早いポイントでも力負けしません。ターゲットとなるメイン魚種は青物全般でブリやカンパチの引きでも耐えられるしっかりした固さのロッドです。その分、小さな魚だとツマラナイかもしれません。ロングジャークでの大物狙いスライドフォールのジギングに使えると思います。潮の速いポイントではジグを重くする必要がありその分ロッドにパワーが必要ですが、このロッドのパワーであれば安心しても大丈夫です。

シーゲート SEAGATE/BJ65B

 小~中型のジグ(30~80g)をライトラインでゲームジギングを楽しむロッドです。青物よりもタイラバやインチクによるマダイ狙いに適したロッドともいえます。最深で60mまでのポイント、メインは30m程度の浅場がちょうどよいと思います。ターゲットとなるメイン魚種はマダイで、浅場でのラタイラバやインチクがいいと思います。青物も小型のものであれば使えますし、タチウオジギングで使っても面白い釣りができると思います。ハイピッチのジャーキングにも使えますし、ロッドをしっかりと脇に挟んで 一定速度で巻き上げるタイラバやテンヤでも使えるロッドだと思います。 マダイのアタリを逃さない、喰ったらかける、そんなしなやかさを持っているロッドです。

シーゲート SEAGATE/BJ66HB

 小~中型のジグ(30~80g)を使ってシーバスやタチウオのベイジギングを楽しむロッドです。浅場が60m前後のポイントがメインになると思います。ロッドにパワーがあるので多少重いジグであってもしっかり扱えると思います。ターゲットとなる魚種はシーバスやタチウオです。ベイジギング全般で使えるロッドで、近海であれば底物のターゲットもありだと思います。パワフルなロッドなので、細かいアタリには不向きかもしれません。ベイジギングにおけるジャーキングやフォーリングの釣りに使えます。シーバスやタチウオなどのガツンとくるアタリに対し、がっちりフッキングに持ち込み、多少強引でもそのパワーで巻き上げることができると思います。

↑ PAGE TOP