ジギングロッドの選び方

失敗しないジギングロッドの選び方

ジギングロッド

 ジギングを始めようと思ったら絶対に必要なものの1つにジギングロッドがあります。しかし、釣具屋さんに行ってみると分かると思いますが、ジギングロッドの種類がたくさんあり、どれを買えば良いのか分からなくなってしまいがちです。

 そんなことにならないように、またネット通販でも購入できるようにジギングロッドの選び方をこのページでは紹介しています。ロッド選びの1つの指標になれば幸いです。

最初の1本はスタンダードモデルが一番

 最初の1本として考えるのであれば、可能な限りオールマイティでスタンダードな性能を持った、クセのない1本を買うべきだと私は考えています。当サイトではできる限りスタンダードから逸脱しないようなロッドを紹介するようにしています(特記がない場合はスタンダードなロッドです)

■スタンダードなジギングロッドとは
 一般的なジギングロッドの条件を箇条書きにしておきます。ロッドの堅さなど好みもあると思いますが、大体以下のようなジギングロッドを選んでおけば間違いないと思います(ただ行く先のポイントの水深や潮の早さにもよります)

 ●ロッドの長さが6フィート前後のもの
 ●ミディアム~ミディアムライト
 ●適合PEラインが2~4号くらいのもの
 ●ジグウエイトが100~160gくらいまで使えるもの

 上記辺りであれば、超大型がかかればやや苦しいかもしれませんが、平均的な近海ジギングを楽しむことができます。また、ライトジギングであれば上記よりさらにライトなもので大丈夫です。

最初のジギングデビューはレンタルロッドがおすすめ

レンタルジギングロッド

 まず、いきなりロッドを買うわけではなく一緒に行ってくれる人にタックルを借りるか、ジギング船でレンタルしてくれるものを1度使ってみることをおすすめします。何も分からないままジギングロッドを購入することは避けておく方が良いと思います。借りたロッドのパワー、長さ、適合ジグウエイトなどを覚えて帰ってきて、そのイメージを軸にして購入を検討すると良いと思います。当サイトを参考にして購入するのも良いですが、釣具屋さんや友人のアドバイスももらうとより良いと思います。

最初のジギングロッドの注意点-ロッドの長さ

ジギングロッドの長さ

 ロッドの長さは長ければ長いほど、ロングジャークやロングフォールなどの長いアクションを入れやすくなり、できることも増えます。ファイトにしてもある程度の長さがあるほうがタメも利きやすいし、船下にもぐられそうになったときにも釣りがしやすいものです。また、突然のナブラ出現から、キャスティングの必要に迫られたときもある程度長ければキャスティングをすることもできます。

 しかし、ロッドが長いことは常にメリットかというとそうでもないのです。長ければ長いほど、ロッドの自重が重くなります。高々、20gだの誤差範囲と思うでしょうが、1日ジギングをしようと思うとこれがまた疲れるのです。そして、長ければ、船の上での取り回しが不便に思うこともあるかもしれません。

最初のジギングロッドの注意点-ロッドのパワー

ジギングロッドのパワー

 自分の力と魚の力をガチンコで勝負してみたいという方はMH(ミディアムヘビー)~H(ヘビー)クラスのロッドを選ぶと良いと思います。大物とのやり取りは非常に迫力がありますが、小物がかかったときの何だこれ?感もあります。この点だけは注意が必要です。

 逆に柔よく剛を制すタイプの釣りがしたい方はML(ミディアムライト)~L(ライト)クラスのロッドを選ぶと面白い釣りができると思います。スリリングな釣りになることが多いので、楽しいのですが、あまりにもライトなロッドを選ぶと魚とのファイトに時間がかかるため、乗合船などで他の人に迷惑がかかってしまうこともあります。我こそは初心者!っという方はM(ミディアム)以上のロッドを選んでおくと良いと思います。

最初のジギングロッドの注意点-ジグウエイト

ジグウエイト

 最初に購入するロッドはある程度ジグウエイトの幅があるものを選ぶと、色々なジギングをすることができるのでおすすめです。ただ、逆を返せば、何でもできるロッドというのは、何の必殺技もないロッドとも言い換えることができます。もし、こういう釣りがしたい!っというものが出てくれば、そのときは2本目のロッドを購入するときだと思います。

最初のジギングロッドの注意点-ロッドの金額

ジギングロッドの金額とコスパ

 最近のジギングロッドは非常にコストパフォーマンスが良いものが出てきています。安かろう悪かろうというロッドはかなり少なくなりました。とはいえ、やはりお値段が高いロッドは、軽い、感度が良い、使い勝手が良い、グリップ感が違うなど、本当に快適に釣りをすることができるロッドです。もし、お財布事情が許すのであれば、できるだけお高いロッドを購入しておくと今後の釣りが楽になるとは思いますよ。

↑ PAGE TOP