ジグのカラーについて

ジグのカラーの重要性

釣りをしていてヒットカラーがあると感じる時ってありますよね?また、逆にどんな色でも釣れるようなシーンもありますよね??では、ジグのカラーリングはジギングにとってどれだけ重要なのか。そのことについて思うところを記載しています。

■カラーローテーション
 行きなれたポイントであれば、お気に入りのカラーで攻めることができますが、初めて行ったポイントではどうでしょう?地域地域によってヒットカラーは意外と異なるものですよね。初めてのポイントでの釣り始めはヒットカラーが見つかるまでは同行者や同船者の様子を見ながら、人それぞれ異なるカラーで攻めていきたいところです。個人的な意見にはなりますが、おおよそ以下のようなカラー選択だと失敗しにくいと思います(思っています)。

 ●日中 or 夜(マヅメ)
 ・ナュラルカラーでマヅメに近づくにつれアピールカラーへ変える
 ●澄んだ潮 or 濁り潮
 ・澄んでいる時はナチュラルカラーで濁りのあるときはアピールカラー
 ●浅場 or 深場
 ・浅場はナチュラルカラーで深場はアピールカラー

 ざっくりと紹介しましたが、全て光の量や視認性の問題だとすぐに分かると思います。ジギングではほとんどの場合光の量を考えることのみでカラー選択ができます。

私が絶対に持っていくジグのカラー

 人それぞれ絶対に外せないカラーというのは存在すると思いますが、もちろん私にもあります。ここでは私が絶対に持っていくカラーを紹介しています。ジグは私のお気に入りのものから選んでいます。(但し、持っていったのに釣れなかったという苦情はなしでお願いします、笑)

アカキン系

 個人的に一番好きなカラーがこれ。朝焼けや夕焼けのマヅメの時間帯に好んで使用しています。日中はあまり使わないですが、曇っているとき、濁っているときにも使うかもです。

イワシ系

 失敗しにくいカラーなので、必ず一つは持っておきたいナチュラル系のイワシカラー。どんな状況でも使えるカラーがおそらくイワシやサバなどのカラーだと思います。

グロー系

 良いのか悪いのか、真偽は詳しく知らないのですが、霧の強い日やモヤっている日なんかに良いととある船の船長に聞いたことがあったので常備しています。

タチウオ系

 ブリジギングでタチウオパターンが炸裂する時期があるので、ロングジグのタチウオカラーは持っておきたいです。このパターンのときはこれしか釣れないという・・・。

レッドブラック系

 アカキン系と似たような感じで使っているカラーです。何が良いのかと問われるとよく分からないのですが、こちらも常備しているカラーリングの1つです。

ピンク系

 ピンク系も結構定番中の定番カラーだと思います。個人的には全てのカラーがダメなときに最後の頼みとして使用しています。最後にこれで釣れると毎度感動します、笑。

 この6つのカラーだけは私の中で絶対におさえておきたいカラーです。その他にも一応グリーン系のものや、チャートカラーも持っていますが、出番が少ないというのが実情です(買ったもののほぼ使ってないという・・・)

↑ PAGE TOP