基本的なジギングリールの選び方

失敗しないジギングリールの選び方

 リールの選び方は人それぞれでたくさんの選び方があると思いますが、個人的には国内の二大メーカーであるダイワかシマノのリールが良いと思っています。

■標準的なジギングリールって?
 標準的というかどうかは分かりませんが、中型魚を狙うことを想定したリール選びをしておくとライトジギングにも後で応用することができます(ただし、遠征は別物とお考えください)。以下の項目でおすすめのリールをいくつか紹介します。

おすすめスピニングリール

 シマノ系のスピニングリールでは4000~6000辺り
 ダイワ系のリールであれば3000~4000くらいのものがおすすめです。

シマノ ツインパワーシリーズ

 ツインパワー 4000
 ツインパワー 6000
 リール最高峰のステラも捨てがたいのですが、私の場合、ステラを1つ買うか、ツインパワーを2つ買うかという選択肢で悩みますが、ここはツインパワーを2つ買う方にのってしまいます。初心者さんにトラブルやストレスを感じさせないタックルだと思います。

シマノ バイオマスターシリーズ

 バイオマスター 4000
 バイオマスター 6000
 全体的なリールの耐久性がツインパワーやステラと比較すると落ちてしまいますが、リール自体の性能はそれほど劣るものではないと思います。価格面も考慮すると最初に買うならバイオマスターあたりが無難なのかもしれません。

ダイワ セルテートシリーズ

 セルテート 3000
 セルテート 3500
 贅沢をいうならソルティガシリーズを買いたいところですが、セルテートくらいからが一番良いと思います。また、3000クラスはシーバスクラスとも言われていますが、十分ジギングでも使うことができます。ラインのストック量に不安がある方は3500の方を購入すると良いと思います。

おすすめベイトリール

 実は私はジギングでベイトリールをほとんど使用していません。
 ですので、ここで書いていることは書籍に載っていそうなことや一般的な話です。

↑ PAGE TOP