過去モデルです

 こちらのオフショアライトシリーズはライトジギングに特化したロッドで湾内ジギングをするならこんなシリーズが最適だと思います。

 しかし、初心者が遠征などで大型のブリなどを狙うのであればおすすめしません。

OFFSHORELIGHT-OLJ601S-ML

 小~中型(28~120g)のジグを軽快に動かせるロッドの1つです。浅いポイント60m前後が最適深度だと思います。

 ターゲットとなる魚種は小型青物、タチウオ、マダイ、シーバスと幅広く対応しています。

 湾内~近海におけるライトジギング専用モデルのロッドだといえます。全体的にトルクがあるロッドなのでライトジギングにしてはパワーがあります。

 粘りも当然ありますので、ショートジャークやジャカジャカアクションなどでもジグを必要以上に跳ねさせず、糸絡みせずに自在に動かすことができます。

OFFSHORELIGHT-OLJ601B-L

 小型(28~80g)ジグをメインとして展開するロッドです。基本的に湾内専用モデルと考えても差し支えはなく、40mまでが最適深度だと思います。

 ターゲットとなる魚種はタチウオ、シーバス、サバなどで、湾内ジギング専用モデルのロッドとしてゲームを楽しめるロッドですね。

 フォールやスロージャークなどゆっくりとしたアクションに特化したロッドです。

 やはりベイトロッドなのでフォール中のアタリは非常に取りやすく、シーバスジギングにおいて重宝しそうです。

OFFSHORELIGHT-OLJ601B-ML

 小~中型(28~120g)と幅広いウエイトのジグを扱えるロッドです。

 浅いポイント(水深60m程度)でも潮の早いポイントなどで100gのジグを使う可能性があるときなどに頼りになるロッドだと思います。

 ターゲットとなる魚種は中型の青物やタチウオで、回遊魚専用のロッドといっても問題はないかもしれないロッドです。

 スロー~ハイピッチジャークまで幅広いアクションに対応できるロッドです。

 トルクのあるロッドですので、回遊魚をメインにしたジギングに最適だと思います。遠征は厳しいが近海ジギングであれば使用することも十分可能です。

Page top icon