アングラーズリパブリックのシーラプチャーは2016年に大きくモデルチェンジしたジギングロッドで、強靭な粘りを持つロッドに生まれ変わりました。

 ターゲットを掛けてからの安心感、信頼性がアップしていますので、初心者さんにもオススメしやすいロッドになったと思っています。

アングラーズリパブリック シーラプチャー
スピニングが2モデル、ベイトモデルが2モデルで、ミディアムとミディアムライトの2モデルしかありませんので悩みにくいシリーズです。(メーカー希望価格:2万円台)
詳しくロッドを見る(全4モデル)

シーラプチャー SRJS-64ML

 近海ジギングで、スレたターゲットやなかなかタフな状況下では繊細なアクションが求められることがあるのですが、その時にオススメできるロッドがこちらのモデルです。

 全体的にライトなロッドで、細いPEラインをメインに、100g前後のジグでスレたターゲットに口を使わせるための設計のロッドです。

 通常のジギングと、ライトジギングの間にあるようなモデルで、遠征をしない範囲のジギングロッドとしてオススメです。

長さ(ft):6'4"  自重:196g
PEライン:1.0~3.0号  ジグ(g):60~150

シーラプチャー SRJS-64M

 ミディアムクラスのジギングロッドで、幅広いシーンで扱うことができるロッドですので、初心者やこれからジギングを始める方にオススメのロッドです。

 180gまでのジグで青物を攻略することができるロッドで、柔と剛、繊細と大胆を併せ持つ設計となっているところが面白いモデルです。

 どのロッドが良いのかよくわからない方であれば、スピニングロッドのこういったモデルがオススメですね。

長さ(ft):6'4"  自重:218g
PEライン:1.5~4.0号  ジグ(g):80~180

シーラプチャー SRJC-511ML

 ベイトモデルのジギングロッドで、繊細を武器に釣りを展開したい方にオススメのロッドです。軽快なジャークで誘うような釣りに最適です。

 ミディアムライトクラスのロッドで、ライトジギングではちょっと力不足、かといってガチガチのジギングだと喰わない・・・ようなシーンに強い。

 ジギングで感じていたジレンマを解決することができるモデルがこれですね。

長さ(ft):5'11"  自重:196g
PEライン:1.0~3.0号  ジグ(g):60~150

シーラプチャー SRJC-511M

 180gまでのジグを使ったベイトジギングができるロッドです。

 水深や潮流等の条件に左右されることなくジギングが展開できるパワークラスのロッドがこのモデルです。

 ジグをしゃくることで、水中の様子を把握しながら釣りをできる感覚を持つロッドで、スレた魚とも十分戦えるので、ベイトモデルで悩むならこのロッドだと思います。

長さ(ft):5'11"  自重:200g
PEライン:1.5~4.0号  ジグ(g):80~180
Page top icon