ヤマガブランクスのジギングロッドはゲーム性が高いものからパワーファイトを楽しむためのロッドまで様々なものが販売されています。

 個性あるロッドが多いので、個人的には好きなメーカーさんです。

ヤマガブランクス ギャラハドシリーズ
ジギングロッド「ギャラハド」は完全ワンピースで、軽い力で効率よくジグを跳ねさせることを可能にしつつ、魚とのファイト時は、釣り人への負担を軽減するシリーズです。(メーカー希望価格:3万円台)
詳しくロッドを見る(全6モデル)

ギャラハド 622S

 90gまでのジグを使用し、ショートジャークやロングジャークでテンポ良く探り、テクニカルな操作でターゲットを掛けにいく攻めのライトジギングロッド。

 ハマチやシオ(ショゴ)の数釣りなど3~4kgクラスにも余裕を持って対応することができます。

 ヒット時は大きく曲がりつつもシャープな使い心地で、ゲーム性の高いライトジギングが楽しめます。

長さ(ft):6'2"  自重:189g
PEライン:~2.0号  ジグ(g):30~90

ギャラハド 613S

 3~8kgクラスのブリ・ヒラマサをターゲットにした近海オールラウンドモデルで、ややライトではあるが最初の1本としても悪くない。

 しっかりしなりながらもシャープな使用感があり、潮流の差や魚のついばみを感じ取り、ジグへ細かいアクションを与えることができます。

 細身に感じますが、ミドルクラスのパワーがあり、近海での大物相手も可能な1本です。

長さ(ft):6'1"  自重:202g
PEライン:~3.0号  ジグ(g):50~120

ギャラハド 595S

 120~160gのジグを軽快にジャークすることができ、中~大型青物をターゲットにしたスタンダードモデル。

 こういうロッドであればオールマイティに使えるので初心者さんにもオススメしやすいかなと思えるロッドです。

 やや張りのある設計で、重めのジグや潮流の早い状況でも確実にジグへアクションを伝えられます。

 ハイピッチショートジャークからロングジャークまで対応し、近海であればこの1本で十分といえます。

長さ(ft):5'9"  自重:203g
PEライン:~4.0号  ジグ(g):70~180

ギャラハド 587S

 水深100mを超えるディープエリアや潮流の速いフィールドにおいて250gまでのヘビージグでもしっかるとアクションと伝えられる設計となっているロッドです。

 根に向かって走るヒラマサを多少強引にでも止めるパワーがあるので、ハードなファイトを展開するゲームにオススメのモデルです。

長さ(ft):5'8"  自重:261g
PEライン:~5.0号  ジグ(g):100~250

ギャラハド 612B

 小型ベイトリールとPE2号までのライトラインを組み合わせ、食わせのゲームを楽しむためのテクニカルな1本です。

 ジグだけでなく、インチクなどの漁具系ルアー(漁具ing)にも対応した遊べるロッドといえます。

 1~3kgクラスまでは余裕あるファイトができ、5kgクラスになるとロッド全体が曲がりターゲットを浮かせます。

 使用ルアーを選ばず、ライトジギングの幅を広げられるロッドですね。

長さ(ft):6'1"  自重:181g
PEライン:~2.0号  ジグ(g):30~90

ギャラハド 604B

 150gまでのジグに対応し、スローからハイピッチジャークまで様々なジャークに対応できるベイトロッドです。

 ベイトならではの高い感度で潮の流れを感じ取り、食わせの間をアングラーへ伝えてくれることで、よりゲーム性の高いジギングが可能となります。

 ジャーク時には適度にベリーまで入り込み、軽快にジグを操作することができます。

長さ(ft):6'0"  自重:192g
PEライン:~4.0号  ジグ(g):60~150
ヤマガブランクス ギャラハドベーシックシリーズ
ライトジギング、バーチカルからドテラ流し、離島のディープジギングまで幅広いシチュエーションを攻略できるベーシックモデルです。(メーカー希望価格:2~4万円台)
詳しくロッドを見る(全5モデル)

ギャラハドベーシック 62/4

 しなやかなティップはワンピッチジャークからスローピッチ、コンビネーションジャークまで様々なアクションに対応するモデル。

 特にジグの重さをしっかり乗せたローレスポンスなアクションでジグをナチュラルに動かし食わせるのが得意なモデルです。

 188gという軽量設計のロッドですが5kgクラスの青物などは安心してファイトができるパワーを持ち合わせます。

長さ(ft):6'2"  自重:188g
PEライン:~3.0号  ジグ(g):~180

ギャラハドベーシック 61/6

 1つ上で紹介した62/4のパワーアップモデルで、近海ジギングから遠征まで幅広くカバーしたいと思う方にオススメのロッドです(守備範囲が広いので初心者にも失敗のしにくい1本といえる)。

 若干の張りをプラスし、重めのジグの操作性も向上しており、パワーもワンランク上げており、10kg前後のヒラマサ・カンパチにも主導権を与えることはありません。

長さ(ft):6'2"  自重:200g
PEライン:~4.0号  ジグ(g):~220

ギャラハドベーシック 59/7

 上で紹介した61/6より、さらに強化したパワーモデルといえるモデルです。

 より潮流の速いフィールドやディープエリアにて10㎏オーバーのヒラマサ・カンパチをターゲットにできる1本。

 曲げて獲るというコンセプトで、ファイト時にはロッド全体がしっかりと曲がり、釣り人への負担を軽減してくれます。

長さ(ft):5'9"  自重:205g
PEライン:~5.0号  ジグ(g):~250

ギャラハドベーシック 52/10

 水深150m前後で300gのジグを使用し、大型カンパチやイソマグロをターゲットにしたディープジギングモデル。

 パワーモデルながら決してガチガチではなく、ある程度の柔軟性を持たせることでジグの水噛みを重視しています。

 また、掛けてからは魚の引きをロッド全体で吸収し、安心感のあるファイトをすることができます。

長さ(ft):5'2"  自重:290g
PEライン:~6.0号  ジグ(g):~300

ギャラハドベーシック 52/10B

 52/10Sと同じブランクのベイトモデルがこのロッドになります。

 ベイトにすることで潮圧の変化や、カケアガリや根などの海底の変化をより把握しやすく、ジグをイメージ通りに操作することが可能となっています。

 またスピニングモデルと同じく、柔軟性のあるロッドなので釣り人への体力消耗を最小限に抑えてくれます。

長さ(ft):5'2"  自重:290g
PEライン:~6.0号  ジグ(g):~300
ヤマガブランクス ギャラハドトラベックスシリーズ
ジギングロッド「ギャラハドトラベックス」は2ピースモデルで、携帯性に特化したシリーズです。元々の機能性を失わずに2ピースとなった。(メーカー希望価格:3万円台)
詳しくロッドを見る(全4モデル)

ギャラハドトラベックス 59/4

 最大150gのジグまでシャクれますが、60g前後の軽量ジグも操作できるライトジギング寄りのジギングロッドです。

 水深20~100mほどの幅広い水深を狙う近海ジギングで最も活躍するモデル。

 ターゲットは1~3kgがメインですが、十分なパワーがあるロッドなので、もう少し上の5kgクラスくらいまでは戦えるかと思います。

長さ(ft):5'9"  自重:201g
PEライン:~3.0号  ジグ(g):~150

ギャラハドトラベックス 59/6

 水深100m前後がメインで、なおかつターゲットが10kg前後が多い場合にオススメのミドルクラスのロッドです。

 個人的には最初の1本としてこのくらいのクラスがオススメかなと思っています。

 オーバーパワーでもない、ややライトなバランスで楽しみたい釣り人に最もオススメだと思います。

長さ(ft):5'9"  自重:204g
PEライン:~4.0号  ジグ(g):~210

ギャラハドトラベックス 59/8

 200~270gのジグで70~150mの水深や、2枚潮など海流の強いフィールドでカンパチや10kgアップの青物を狙う方にオススメです。

 マイルドな穂先設計でジグの操作性が良い反面、ほかモデルに引けを取らない強靭さを隠し持つロッドですね。

 大物とのファイトにも安定感があり、2ピースロッドとは思えないほどのポテンシャルです。

長さ(ft):5'9"  自重:286g
PEライン:~5.0号  ジグ(g):~270

ギャラハドトラベックス 58/10

 ヤマガブランクスのジギングロッドで最強を誇るモデルがこちらになります。

 水深200m以上に潜む大型の青物・カンパチや離島遠征に最強のタックルと言えます。

 2枚潮や海流の強い場所でも、ジグを跳ね上げる力を備えている為、無理なく操作が可能です。

 30kgのヒラマサを相手でも、ロッドがしっかり仕事をするという強さを証明しました。

長さ(ft):5'8"  自重:303g
PEライン:~6.0号  ジグ(g):~320
ヤマガブランクス ギャラハドスローシリーズ
スローピッチ・ジャーク用のジギングロッドですが、スタイルに捉われず、高い汎用度を持つ自由度の高いシリーズです。(メーカー希望価格:3~4万円台)
詳しくロッドを見る(全5モデル)

ギャラハドスロー 63/1 Slow

近海の30~60m前後の浅いフィールドでジグをストレス無く動かせるロッドでになります。

 ジグの自走時間やアングラーのリズムを崩しにくくするため、柔軟さと張りをバランス良く持たせた設計になっており、多彩なテクニックを使えます。

 ただ、ロッド自体のパワーは強めという設計です。

長さ(ft):6'3"  自重:127g
PEライン:~1.0号  ジグ(g):MAX130

ギャラハドスロー 63/2 Slow

 120gのジグを最も心地よく使用できる設定ですが、180g程度まで使用できる懐深い1本です(スロー初心者にオススメ)。

 近海の50~80mエリアで最も使用頻度の高いジグウェイトに対応する2パワーモデルとなっており、1~1/8回転というリーリングにもテンポを崩しにいところがオススメです。

 ジグの操作性も高く、PE1号のライトラインであれば水深150mくらいまで対応することができます。

長さ(ft):6'3"  自重:134g
PEライン:~1.5号  ジグ(g):MAX170

ギャラハドスロー 63/3 Slow

 160gのジグを最も心地良く使用できますが、220g程度まで使用できます。

 イメージ通りにジグを操作すると共に、あえて軽いジグを意図的に大きなアクションで見せるなど、さらなる可能性を広げたい方にオススメです。

 スローピッチのスタイルに縛られず、様々なジグを使用することもできるスロー兼マルチなジギングロッドです。

長さ(ft):6'3"  自重:141g
PEライン:~2.0号  ジグ(g):MAX210

ギャラハドスロー 62/3 Slow

 よりジグアクションの初動を入れやすくしたジギングロッドです。

 200gのジグをメインに使用する設定ですが、250g程度までならば問題なく使用できます。

 まだスローピッチに慣れないアングラーにも、よりスローピッチの利点が体感できるようにブランク特性を変えてあります。

 太めのラインを使用したパワースロースタイルにも使えるロッドです。

長さ(ft):6'2"  自重:148g
PEライン:~2.0号  ジグ(g):MAX250

ギャラハドスロー 62/4 Slow

 ディープエリアにチャレンジするためのヘビーウェイト対応モデルです。

 水深200m超えのポイントを考慮したモデルで、ヘビーなジグを扱え、なおかつ深海のモンスターを引き上げるパワーもあります。

 300g程度のジグまで使用できる、潮流の早い海域におけるフォーリング重視のジギングゲームにオススメです。

長さ(ft):6'2"  自重:151g
PEライン:~2.5号  ジグ(g):MAX300
Page top icon